ネイル

ネイルは今まで、「若い『ギャル系』の女の子達がするもの」「家事をする必要のないお金持ちの女性が嗜むもの」と思われていました。
しかし、ネイルは美容的観点から見ても、私達が考えているよりずっと奥が深いものなのです。
このサイトでは、ネイルに関係するもののありとあらゆる知識を紹介します。

ネイルチップについて

ネイルチップについて
お手軽にネイルを楽しむことが出来るのがネイルチップの魅力です。
種類やつけ方・外し方の紹介。

ネイルケアの方法

ネイルケアの方法
爪を労わるネイルケアの方法や、爪をつくるのに必要な栄養素などを解説しています。

ネイルデビューへの扉

ネイルに挑戦したい理由は千差万別です。
ネイルを将来の仕事にしたい人や、アフターファイブの習い事にしたい人など、実にさまざまです。

しかしいざ取り掛かろうとすると、どんな道具を揃えたら良いのか・プロになるまでの道のりは?など、数々の疑問や問題が立ちはだかります。

憧れのネイルワールドに飛び込む前に、まずはネイルとはどんなものなのかを知っておきましょう。

ネイルとは?

ネイルとは、人などの動物の「爪」のことを指します。

爪は英字では“nail”と表記され、nailは英語では「扁爪(ひらづめ)」のことを表します。

なお扁爪とは両端が湾曲していない平らな爪のことであり、“平爪(ひらづめ)”とも呼んでいます。

生物学的観点から見た「ネイル」

「ネイル」つまり「爪」とは、生物の手足の指先についている板状の角質のことです。

爪は指の表皮が硬化してできた皮膚の付属器官であり、角質器とも呼ばれます。

爪は生き物の基本動作を支えている体の部位であり、爪が無くては手足の指先に力を込める事ができません。

つまり、物を掴んだり歩いたりすることすら出来なくなってしまうのです。

爪の構成成分

爪の主成分は、たんぱく質の一種であるケラチンです。

ケラチンには硬ケラチンと軟ケラチンの二種類があり、爪や髪の毛は硬ケラチンで、皮膚は柔ケラチンでできています。

また、爪は硬ケラチンの他にも12%ほどの水分と0.15〜0.75%の脂質を含んであり、冬などの乾燥時期にさしかかると水分量が減少して脆くなるという特徴を持っています。

美容的観点から見た「ネイル」

本語では「爪」と訳されるネイルですが、ネイルアートが普及している現代では「ネイル」という言葉を耳にすると即座に「色や絵がついた爪」というイメージが浮かびます。

それだけ美容としてのネイルが世の中に浸透していると云うことでしょう。

事実、女性誌やファッション誌などの見出しには『クリスマスネイル特集』『バレンタインネイル特集』といった表現が当たり前のように使われています。

近頃のネイル事情

ネイルのみの話題で埋め尽くされた雑誌や、旬のアート画像や有名ネイリストの最新作などを載せたネイルカタログなど、ネイルの人気は留まることを知りません。

ついには爪に好みの写真や絵柄をプリントできるネイル専用マシン、『ネイルプリンター』なるものまで現れました。

ネイル文化は、私達の知らない所でまだまだ進化を続けているのです。