長さ・形

ネイルを好みの長さや形に削る前に、まずは自分の爪をよく観察してみましょう。元々の爪が長い人や短い人、小さな爪を持つ人もいます。大人っぽいロングネイルにするもよし、控え目なショートネイルにするもよしですが、何よりも自分に似合っている事が肝心です。ここでは、爪のベストバランスや爪の削り方、色々あるネイルの形の特徴について紹介しています。

ネイルで人柄も判断される?

ネイルの形は、角張ったものや円形のものなどバラエティに富んでいます。
どれも魅力的ですが、どんな姿をしているかによってその人の性格まで想像されてしまいます。

どんなネイル形にするか選ぶ前に、まずはそれぞれの持つ効果などを知りましょう。

ネイルの理想的なプロポーション

爪の桜色の部分と白い部分が、3:1〜4:1くらいの比率であれば最も美しく見えると言われています。

長すぎる爪は不潔に見えてしまう恐れがあるので、この黄金比を覚えておくとよいでしょう。

ネイルの長さや形の整え方

ネイルの長さや形を整える時は、エメリーボードと呼ばれる爪用のやすりを使います。

爪切りでは爪に大きな負担をかけてしまうので、使用は控えましょう。まずは爪の中央部分から削り始め、だんだん端に向かってボードを進めていくとバランス良く仕上がります。

ネイルの削る時のコツ

ネイルを削る時は、爪に対し45度の角度でエメリーボードを当てて、一定の方向に動かすようにしましょう。

ノコギリのようにエメリーボードを往復させてしまうと、爪の断面が傷付いて二枚爪などの原因になってしまいますので気を付けましょう。

ネイルの形の種類

ネイルの形には、全部で5つのパターンが存在します。それぞれのネイル形がもつ長所や短所などを紹介します。

スクエア

スクエアとは、爪の先端が平らで両端が直角になっているネイルの形です。

5種類ある爪の中では強度No.1を誇りますが、角がひっかかりやすいという難点があります。

スクエアオフ

スクエアオフとは、スクエアの角を削ってゆるやかな丸みをつけたネイルのことです。

スクエアの次に強度が高く、指が細長く見える上にネイルアートが映えるので、最も人気が高い形状です。

ラウンド

ラウンドとは、爪の先全体が滑らかな曲線を描いているネイルのことです。

強度は弱めですが、女性らしいしなやかな指先に見せてくれるという特長があります。

ナチュラルな形なので男性からの評判もよく、生まれつき扇形の爪を持った人にもおすすめです。

オーバル

オーバルとは、卵のような楕円の形を成したネイルのことです。

あまり丈夫ではありませんが、短い指・太い指・幅広の爪など、いわゆる男性的な特徴をもった人の手を女らしく見せてくれるという利点があります。

ポイント(ポインテッド)

ポイントとは、猫や鳥の爪のように先が尖っているネイルです。

ワイルドで強そうに見えますが、先が欠けやすいので爪が薄い人には不向きでしょう。

ポインテッドはインパクトがあるので、気分転換や目立ちたい時などにする場合が多いようです。

はじめにについて、さらに詳しく読みたい