ジェルネイル

ジェルネイルとは、水飴のようにツヤツヤしたジェルを爪に塗って創作するネイルのエクステンションです。
ジェルネイルはその軽い付け心地や眩さから、一気にネイル界のトレンドとなりました。
ここではそんなジェルネイルついて紹介しています。

ジェルネイルとは?

ジェルネイルとは、ゼリー状のアクリル樹脂を自爪に乗せて作る付け爪のことです。

ジェルネイルは薄付きなので自爪に自然にフィットし、素晴らしい光沢を放ちます。
また、爪の成長を助けたりいびつな形を矯正したりする効果もあるのです。

ジェルネイルの特徴

ジェルネイルは、UVライトという機械で爪に塗ったジェルを固めて完成させます。
つまり、ジェルネイルはUVライトで硬化するまでは長さや形を自由に変えることが出来るのです。

また、スカルプチュアよりも艶や透明感があり、材料のジェルはほとんど無臭なので作業中に気分が悪くなることもありません。

スカルプチュアよりも値段は高めですが、持ちが良いので長い目で見ると経済的と言えるでしょう。

ハードジェルとソークオフジェルの違い

ジェルネイルには硬いハードタイプと柔らかいソフトタイプがあります。

ソフトタイプのジェルは専用液で落とせることから「ソークオフジェル」と呼ばれており、ハードタイプのジェルを使用する時よりも爪に与えるダメージが少なくて済むのが特徴です。

ハードジェルについて

ハードジェルはソークオフジェルよりも硬いので長さを出すことができます。
しかし柔軟性に欠けるため、衝撃で折れる可能性が高くなります。

また、ハードジェルを塗る前には定着を良くするために自爪の表面を削らなければなりません。

更に、プライマーという酸性の接着溶液を塗る必要もあるので爪を傷めてしまいます。

落とす時はファイルで削らなければならないので、やはり爪には大きな負担となります。

ソークオフジェルについて

ソークオフジェルは柔軟性があり、折れ難いという長所とあまり長くできないという短所を持っています。

また、ハードジェルを塗る時のような下準備(サンディングとプライマーの塗布)は不要なので爪が傷みません。

更に、自爪への馴染みが良く浮きにくいのでカビの発生率が低いとう利点もあります。落とす時には専用のリムーバーを使用します。

ジェルネイル検定について

ジェルネイル検定は、日本ネイリスト協会によって作られたジェルネイル専用の資格です。

ジェルネイル検定とは、ジェルネイルを施術するための確かな知識と技術を持つ者であることを証明するためのものなのです。

ジェルネイル検定の概要

ジェルネイルの検定試験は、義務教育課程を終了していれば誰でも受験することができます。

申し込み方法はインターネットに限定されており、第一回目の「JNAジェルネイル技能検定試験(初級)」は2010年の2月に筆記と実技という形で行われます。

なお、ネイリスト技能検定3級以上を取得していると、実技試験の第一課題であるネイルケアが免除されます。

また、初級に合格すると上級試験の受験資格を得ることができるのです。