落とし方

ジェルネイルの落とし方は、ソフトジェルなのかハードジェルなのかによって大きく違います。
爪をしっかり休ませて健康を保つ為にも、ジェルのベストなオフ方法を知っておきましょう。
ここでは、ネイルサロンで行われている一般的な落とし方を紹介しています。

ソフトジェルネイルとハードジェルネイルの落とし方

ジェルネイルを自分で落とす事をセルフジェルオフと言います。
ソフトジェルとハードジェルを確実かつ綺麗に取るためには、アセトン溶液やネイルファイルなどが必須です。

手際よくセルフオフを行うためにも、下記のように正しい手順を踏みましょう。

ソフトジェルネイルの落とし方について

ソフトジェルは殆どの場合、アセトン入りの除光液や専用のリムーバーのみで溶かす事ができますが、事前に爪の表面を削っておくとスムーズに取る事ができます。

ソフトジェルネイルのオフは素人でも簡単ですが、ネイルサロンでプロに任せるとより安心です。

ソフトジェルネイルの落とし方

  • 1.爪の表面をファイルで軽く削り、リムーバーを浸透しやすくします。
  • 2.コットンに除光液をたっぷり含ませて、ジェルを塗った爪の上に乗せます。
  • 3.指をコットンごとアルミホイルで包み、そのまま10〜15分程待ちます。
  • 4.アルミホイルを外して、柔らかくなったジェルをウッドスティックで削ぎ取ります。
  • 5.保湿のために、爪と指全体にキューティクルオイルを塗って終了です。

ハードジェルネイルの落とし方について

ハードジェルは、ソフトジェルのようにリムーバーで溶かす事ができません。
ハードジェルネイルを取るためにはファイルで根気よく削る必要があります。

慣れないうちはジェルと一緒に自爪まで削ってしまう恐れがあるので、ネイリストにお願いした方が安全です。

ハードジェルネイルの落とし方

  • 1.ジェルで爪先を長くしている場合は、ジェル部分をニッパーで切ります。
  • 2.目が粗いファイルで、自爪が現れるぎりぎりまでハードジェルを削ります。
  • 3.薄く残ったハードジェルは、目の細かいファイルで徐々に削り落とします。
  • 4.爪と指の保湿のために、キューティクルオイルを塗って完了です。

ソフト+ハードジェルの落とし方について

ソフトジェルの上にハードジェルを、ハードジェルの上にソフトジェルを塗っている人がいます。

爪の強化などが目的のようですが、どちらも落とし方は案外簡単です。

ソフト+ハードジェルの落とし方

  • 1.ソフトジェルの上にハードジェルを塗った場合、先ずハードジェルを削り落とします。
  • 2.リムーバーを染み込ませたコットンを爪の上に乗せます。
  • 3.アルミホイルで指を包んだら、10〜15分程待ちます。
  • 4.アルミホイルを取り外し、ふやけたジェルをウッドスティックで削ぎ取ります。
  • 5.仕上げに、キューティクルオイルなどを爪や指に塗って保湿します。

ソフト+ハードジェルのオフポイント

ハードジェルの上にソフトジェルを塗っている場合には、上記の1と2を反対に行いましょう。

一見ややこしく感じますが、つまりは塗り重ねたジェルをそれぞれの取り方で順番に落として行けば良いのです。