ネイリスト

ネイリストは、ネイルへの装飾やネイルのお手入れなどを行うネイルのプロフェッショナルです。
また、爪の構造や爪の病気にも熟知しており、爪の悩みにも応えられるのがネイリストです。
ここでは、心強い爪のアドバイザー・ネイリストについて紹介しています。

ネイリストを目指そう

ネイリストとは、ネイルを扱う職業の人のことを指します。
また、爪の知識に精通している爪の専門家でもあります。

一見華やかに見える職業ですが、ネイルリストを目指すには忍耐力やある程度の覚悟が必要です。

下記では、ネイリストになりたい貴女にぜひ知っておいてもらいたい情報を紹介します。

「ネイリスト」は和製英語?

ネイルの本拠地であるアメリカでは、ネイル関連の仕事をしている人を“ネイリスト”とは呼びません。

その代わりに「マニキュアリスト」や「ネイルアーティスト」という言葉を用いています。

実は“ネイリスト”という造語を生み出したのはJNA(日本ネイリスト協会)、つまり日本なのです。

ネイリストを目指すための勉強法

イリストを目指すための勉強方法には、ネイルスクールに通う・通信教育を受ける・独学で学ぶ・ネイルサロンで働きながら覚える、などがあります。

その中で最も有益なのはやはりネイルスクールでしょう。

なぜならスクールには、プロの講師による専門性の高い授業が受けられる・先輩や友人達との触れ合いで人との接し方を学ぶことができる、などの利点があるからです。

ネイリストになるには

ネイリストになるための必要な免許はありません。
誰でもネイリストを名乗る事はできますが、JNAネイリスト技能検定やINAネイルスペシャル技能検定を持っていると、一流のネイリストである証明になります。

前者は「日本ネイリスト協会」が、後者は「インターナショナル・ネイルアソシエーション」が検定試験を主催しています。

双方に大きな違いはありませんが、日本での就職を考えるならば、JNAの方が有利と言えるでしょう。

ネイリストの就職先

ネイリストの主な就職先と言えばネイルサロンでしょう。

もしくは自分でサロンを開業するという手もあります。

実力やセンスに自信があれば、芸能人や著名人の専属ネイリストになることも夢ではありません。

ネイリストに向いている人とは?

手先の器用な人やおしゃべりが好きな人、つまり外交的な性格の人が向いていると言えるでしょう。

お客様との会話が必須なネイリストは、技術職でもあり接客業でもあります。

相手の緊張を上手にほぐし、要望に的確に応えるためにも、コミュニケーション能力の高さは重要なのです。

ネイリストのお給料

ネイリストのお給料の相場は、ネイルサロンに勤務した場合は月給15万〜20万円、フリーのネイリストとして働いた場合には月20万円前後と言われています。

ただし、売れっ子になればなるほど収入額はアップするので、稼げる金額にはかなり個人差があります。中には年収1千万円以上という人もいるようです。

ネイルについて学び、資格を取って働くためにはについて、さらに詳しく読みたい