役に立つ資格

ネイリストと一緒にあると役に立つ資格には、美容師・着付師・スタイリスト・エステティシャンなどが挙げられます。
ここではこれらの職業の概要と、なぜネイリストと併せて取得していれば有益なのかについて紹介します。

トータル・ビューティーサポーター

ネイリスト・美容師・着付師・スタイリスト・エステティシャンは、どれも女性に人気の職種です。
これらをいくつか組み合わせて持っていれば、総合的な「美」のプロデュースが可能です。

得意分野が多ければ多いほど、活躍の場面は増えていくと言えるでしょう。

美容師

美容師は、ヘアカットやカラーリング・パーマネントなど、頭髪のスタイリング全般を行う仕事です。

美容師は国家資格なので、美容師の称号を得るためには美容師専門学校などで免許を取得しなければなりません。

美容師&ネイリストであるメリット

美容師の勤め先と言えば美容院ですが、最近では髪の毛とネイルを同時に施術している美容室があります。

時間の短縮になるというメリットがあるものの、ネイルアートの技術力に不安を感じているユーザーが多いようです。

そんな時にネイリストの資格を持っていれば、お客様からの厚い信頼を得ることができるでしょう。

着付師とは

着付師とは、結婚式場や成人式などで着る着物の着付けを行う技術者のことです。

また、着物を着た時の行儀作法の指導なども同時に行います。

着付け師&ネイリストであるメリット

ネイルの普及に伴い、振袖姿にネイルアートをプラスする新成人が増えてきました。

晴れの舞台である成人式に向かう前に、着物とネイルのトータルコーディネートをしてあげられればきっと喜ばれるでしょう。

スタイリストとは

スタイリストとは、俳優やモデルなどのいわゆる「表舞台に立つ人」の身なりを整える職業です。

スタイリストの仕事内容は主に、衣装イメージの打ち合わせ・衣服やアクセサリー等の調達・ファッションコーディネートなどです。

ネイリスト&スタイリストであるメリット

雑誌やTVに出演しているタレントのネイルは皆華やかです。

ネイルアートはもはやファッションの一部として浸透しており、服装とネイルがマッチしていなければお洒落には見えません。
スタイリストは何より美的センスが問われる仕事です。

そこでスタイリストとしての力量と合わせてネイル技術も持っていれば、鬼に金棒というわけです。

エステティシャンとは

エステティシャンとは、フェイスケア・ボディケア・痩身・脱毛などのエステティック(美容術)を行う人のことです。

この術のことを日本では“エステ”と呼んでおり、エステティックは「エステティックサロン」というお店で行われているのが一般的です。

ネイリスト&エステティシャンであるメリット

エステサロンでは、エステの他にネイルケアを取り入れている所が多く見られます。

エステティシャンとしての技術に加えてネイリストの資格やキャリアがあれば、サロンへの就職率もぐんとアップするでしょう。

ネイルについて学び、資格を取って働くためにはについて、さらに詳しく読みたい