爪の色・病気

爪の下部には毛細血管がびっしりと通っており、血液に異常があった時にはその症状が真っ先に爪に現れます。
つまり爪は病気発見の手がかりになる場所なのです。
ここでは爪の色から予想できる病気やどんな治療が必要なのかについて解説しています。

爪の色で病気チェック!

爪を見た時に淡いピンク色をしていれば健康な状態です。
しかし赤や黒など普段とは違う色をしていた場合には病気の疑いがあります。

下記では色別で、考えられる爪の病気や一般的な治療方法について解説しているので自己チェックしてみましょう。

白い爪

爪白癬(つめはくせん)、つまり爪水虫の可能性があります。

爪白癬(つめはくせん)の原因、症状、治療方法

白癬菌(はくせんきん)という菌が爪に侵入して起こる病気です。

爪を不衛生な状態にしておいたり足の水虫が感染したりすることで発症し、爪が白く濁ってボロボロになります。

歩く時に痛みを伴うほど悪化する場合もあるので早めに皮膚科を受診しましょう。

治療には抗真菌薬という薬を使いますが、塗り薬は患部まで浸透しにくいため飲み薬の方が効果的と言われています。

赤い爪

多血症(たけつしょう)の可能性があります。

多血症の原因、症状、治療方法

赤血球の濃度または数が正常値を上回る病気です。
脱水症により赤血球濃度が上昇する「相対的多血症」と何らかの理由で赤血球数が増加する「絶対的多血症」に大別されます。

前者は水分補給ですぐに改善できますが、後者はガンなどの恐ろしい病気を併発する可能性があるのでめまいや鼻血などの症状が見られたら早急に血液内科へ行きましょう。

治療は多過ぎる血液を抜く瀉血(しゃけつ)という方法が一般的です。

黒い爪

悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)の可能性があります。

悪性黒色腫の原因、症状、治療方法

悪性度が高い皮膚ガンの一種です。
紫外線(過度な日焼け)や遺伝が関係していると言われており日本人は足の裏に良く見られます。

突然できた皮膚の黒点が急速に大きくなり直径5舒幣紊砲覆辰燭發里詫彙躇奸
すぐに皮膚科を受診し早期発見・早期治療を行うことが最も大切です。

治療方法はガン部分を広範囲に切り取るのが基本的です。

紫色の爪

チアノーゼの可能性があります。

チアノーゼの症状、原因、治療方法

血液中の酸素不足により唇や爪の色が青紫色になる病気です。

「呼吸器疾患」「心臓疾患」「異常ヘモグロビン」のいずれかが原因で、全身へ酸素を運ぶ役割のヘモグロビンが酸化されなかったり増え過ぎたりして起こります。

呼吸器科か循環器科へ行くと原因を詳しく調べた後に酸素吸入療法が試みられます。

黄色の爪

黄色爪症候群(おうしょくそうしょうこうぐん)の可能性があります。

黄色爪症候群の症状、原因、治療方法

爪の成長が遅れたり顔や手足がむくんだりする病気です。
リンパ系の異常が原因と考えられており多くは中年になってから発症します。

治療には10年〜20年ほどかかると言われているので皮膚科専門医の診察を受け気長に治しましょう。

ビタミンE剤の内服やステロイド薬の注射などが主な治療方法です。