ネイル用語

ネイルの世界では、一般的ではないいわゆる業界用語がたくさん飛び交っています。
これからネイル技術を学びたい人もネイルサロンへ初めて行く人も、事前にネイル語を知っておくと何かと便利です。
ここではネイル用語の「あ行」から「な行」までを紹介します。

ネイルの専門用語に強くなろう

ネイルアートに挑戦したいと思ってマニュアルを見ても、専門用語の意味がわからず作業が進まない!と嘆いている人はいませんか?
ここではそんなネイル用語たちを集め、それぞれについて詳しく説明しています。
きっと貴女の助けになることでしょう。

あ行

アクリルパウダー

スカルプチュアや3Dアートを作る時に使うパウダーのこと。

アクリルリキッドと混ぜ合わせて自爪に乗せ、延ばしていくとスカルプチュアとなります。

アセトン

ネイルカラーを落とす除光液に含まれている成分のことです。

アセトン入り除光液のビンを振り過ぎすぎたために破裂したという事故例もあるため扱いには注意が必要です。

甘皮(あまかわ)

爪の生え際にある薄い皮膚のことで、新しい爪を作る爪母基(そうぼき)を守る役目を持っています。

ウッドスティック(オレンジウッドスティック)

コットンを巻きつけて甘皮を押したり、はみ出たネイルカラーをふき取ったりする目的で使用されます。

オレンジの木が材料なのでこう呼ばれています。

エメリーボード

爪の長さや形を整えるための爪ヤスリのことです。

平たく長い棒状で、表面は削り目が粗く裏面は削り目が細かくなっているのが一般的な形状です。

か行

キューティクルニッパー

キューティクル(甘皮)を切るための道具で、ささくれを切る時にも使用されます。

キューティクルプッシャー

キューティクル(甘皮)を押し上げるために使われる道具で、棒の先にヘラがついたような形状をしています。

キューティクルリムーバー

甘皮処理を行う時に使用されるもので、これを塗るとキューティクル(甘皮)が柔らかくなりカットしやすくなります。

さ行

3Way、4way(スリーウェイ、フォーウェイ)

ネイルファイルを使用するとき、それぞれの面を違う用途で使えるという業界用語。

代表的なものにブロックファイルがあり、面によって削り目の粗さが異なるのが特徴です。

ソルベント

硬くなってしまったネイルカラーを薄めて復活させるための液。

た行

チップカッター

ネイルチッブを切って好みの長さに調節するための道具です。

トップコート

ネイルカラーの上に塗る仕上げ液のことです。
無色透明で、塗るとネイルカラーの持ちが良くなりツヤが出ます。

ネイルカラーを素早く乾かす成分が入っているものもあります。

な行

ネイルグルー

ネイルチップを自爪に付けるための接着剤です。

ネイルストレンスナー

薄くなってしまった爪や二枚爪などを保護するための液です。

使用すると透明なネイルカラーを塗ったような仕上がりになり、爪の強度が増し乾燥を防ぐことができます。